黄金テンペラーレ

イタリア古典絵画技法~卵の黄身から絵画を作ろう~
中世~イタリア・ルネサンスにかけて国際ゴシック時代に花開いた、金箔地に卵の黄身で絵具を作り描くテンペラ技法で、黄金版絵や羊皮紙ミニアチュール(細密画)を、名画から学び制作します。(他に美術工芸品や額縁、アクセサリー等も可)

講師 画家 赤木 美日
   (Micah Akagi)

ベアート・アンジェリコ
<<楽奏の天使>>
講師の制作過程見本
日時 第1日曜
14時00分~17時00分
会費 月3,200円
 (月1回・3ヶ月前納制・教材費別・税別)
会場 湘南アカデミア4階

前のページへ戻る