教科書にない日本史


■講座日程
6月24日 第1回 頼朝が鎌倉を開いたわけではない
 頼朝の幕府開設で鎌倉が始まったのではなく、奈良時代からの歴史があり、既に当時としては有数の大都市だったことを語ります。最近の発掘調査でそれが明らかになりつつあります。

7月22日 第2回 神奈川県内にいくつもの小藩があった
 江戸時代は小田原藩のみだった、という誤った常識がありますが、実は小田原藩以外にも大名が領主である藩がありました。そして幕末には小田原藩以外に2つの小藩があり、それぞれが幕末史に残る存在であった のをご存知ですか?

9月23日 第3回 知られざる幕末・明治初期の歴史
 教科書が触れない幕末・維新の秘められた歴史が神奈川県には数多くあります。開港時のペリーのことや勝海舟と三浦の関係など興味深いと思います。また、西南の役西郷どんにまつわる地方史の一端を紹介します。

10月28日 第4回 明治以降も三浦半島などに多くの城郭がつくられた
 お城ブームとかで、書店にはお城の本が溢れていますし、TV番組も少なくありません。でも全部が明治維新以前の城。ところが明治以降も多くの城郭が造成され、その遺構が数 多く残ります。そして「現役」の城郭もあるのです。

11月25日 第5回 日本軍の戦略爆撃
 米軍中心の連合軍による戦略爆撃は知られていますが、日本軍による戦略爆撃も少なくはありません。また、米本土への攻撃も行われましたし、超大型戦略爆撃機などさらに大き な計画も準備中でした。それが予想外に米国民を震撼させ、原爆投下につながった事実をご存知ですか? 

12月23日 第6回 世界一美しい日本艦艇や商船の名前
 戦前の英ジェーン海軍年鑑が、英訳の特集を組んで絶賛した日本艦艇の名前に気づいていますか?内容は俳句の季語集や動植物図鑑を見るような優雅さです。「綾波」「天津風」「春月」「若葉」「狭霧」「初桜」「友鶴」・・・。商船の名前にも文学的なものが数多くあります。軍艦や貨物船にまで美しい名前をつけた日本文化を考えましょう。

講師 原田禎介(文化研究家)
日時 原則第3第月曜
10:00~12:00
会費 2,000円(1回・資料代別・税別)
会場 湘南アカデミア7階

前のページへ戻る