第3期 古代史講座
「知ろう!平安時代人の考え方を」

今回から史料原典を読んでいきます。江口・神﨑・淀、そこは「遊女」の世界。貴族たちをも有頂天にさせる、その道の達人たち。「傀儡」も人形を操り、手品も披露する芸能者でした。また老翁姥一家に登場を願って、平安時代の多様な職業とその姿を「新猿楽記」から垣間見ます。さらに菅原道真作とする「菅家遺誡」から生きて生活することの意味と楽しみを知りましょう。現代人の生き方にきっとひらめくものが得られるはずです。

■講座予定
7月19日 「遊女記」「傀儡記」を読む
8月16日 「新猿楽記」1を読む
10月18日 「九条師輔遺誡」を読む
11月15日 「新猿楽記」2を読む
12月20日 「菅家遺誡」を読む
1月17日 「新猿楽記」3を読む
    

講師 伊藤 一美
NPO法人 鎌倉考古学研究所 理事

伊藤一美先生
日時 第3金曜
10時30分~12時00分
会費 15,000円 (6回・教材費別・税別 )
(※入会金無料)
会場 湘南アカデミア7階

前のページへ戻る