湘南リラフィルハーモニー管弦楽団20周年!!


湘南リラフィルハーモニー管弦楽団は2018年に20周年を祝いました。シニアの為の湘南リラフィルハーモニー管弦楽団(併設 湘南リラ弦楽アンサンブル)は、1998年に前身の湘南ヤマハフィルが17人で設立されて以来、リラフィル約60人、弦楽アンサンブル約30人と本格的な演奏団体として発展を続け、人生100年時代を先取りし、令和の時代にさらに躍進を続けています。

シニアのための団体ですが、本物志向を貫き、我が国有数の響きを誇る藤沢リラホールを練習会場として、一般市民オケと同じ古今の名曲を演奏する本格的なオケです。目標は、技術の習得より、音楽そのものに没入し、専門演奏員と一体になって、古典の名作と会話し、シニアの人生を豊かにすることを目指しています。

発足当時より常任指揮者 中島良能氏が、プロ団体「湘南エールアンサンブル」(別名日野原重明記念管弦楽団)との提携によりユニークな運営方法をデザインし、活発な活動を続ける中、運営母体がヤマハ社から江ノ電沿線新聞社に移行しました。

団員は従来にも増して和気あいあいとした家族的な雰囲気の中、本格的なアンサンブルを楽しんでいます。50歳以上の方大歓迎です。一緒に音楽を楽しみませんか。

< 練習 >
・演奏会は行わず毎回の練習を楽しむ。節目で練習を公開し、家族や友人と交流。
・弦楽器は合奏の前にパート別分奏があり、技術指導を行う。
・最初は弾ける箇所だけ弾けばよく、徐々にキャッチアップしていく。

< 雰囲気・サービス >
・団員同士が競い合わない、和気あいあいとした大人の雰囲気。
・楽譜準備、会場セットアップなど全てサービスされ、演奏に専念できる。

<団員募集>2019年5月現在
・リラフィル、リラ弦楽アンサンブルとも弦楽器各パート2,3名。
・会費等詳細はホームページを参照ください
・http://enodenensen.jp/html/rira_top.html

♪公開練習のお知らせ

☆湘南リラフィルハーモニー管弦楽団公開練習☆
 2019年2月現在、現在エルガーの名曲チェロ協奏曲を練習中です。
 従来より本番はなく練習を公開することで本番に代えてます。
 2019年1月から練習が始まっていますが、初めから団の専門演奏員のソロが入り、練習出席率も高いので本番さながらの密度の高い練習を行っています。
 見学自由です。いつでもおいでください。練習も本番と同じ藤沢リラホールです。

演奏会形式の「公開練習」は下記の通りです。 2019年5月16日(木)午後3時―3時40分 藤沢リラホール
演奏曲目:エルガー チェロ協奏曲
チェロ:井崎 瑛恵
指揮:中島 良能
入場無料、事前申し込みなども不要です。会場の藤沢リラホールまで直接お越し下さい。

湘南リラ弦楽アンサンブルは2019年4月にハイドンの名作「十字架上のキリストの最後7つの言葉」を終えて、5月よりエルガーの弦楽セレナーデを練習しています。
当アンサンブルは従来より、原則として編曲物は取り上げず、オリジナルの曲を演奏しています。
今後はプッチーニの弦楽のための菊、モーツアルトのセレナータノットルナほか名曲の数々を計画しています。