『型で俳句』を楽しむ!

『風の三叉路』句会新講座 『型で俳句を』楽しむ!

講師二上貴夫は結社誌『詩あきんど』を主宰しており、江戸の俳諧師・宝井其角の研究家です。俳句、そして連句も実作しておりますが、今回は、著書『俳句入門書「型で俳句を」俳句篇』(ハイク&レンク出版・令和3年2月8日)を参照しながら俳句の「型」を学んでいきます。この「型」で実作され、また「型」に応じた「俳句の虎の巻」もあり、ここを勉強されるだけで、まったく初めての方でも簡単に俳句を作ることができます。俳句は365分の1の今日を詠む文芸であり、実作すればするほど奥深い文学の道が見えてきます。まずは皆様と、伝統的な句会形式を楽しみながらの場づくりをこころがけていきたく存じます。

講師名 二上貴夫(「詩あきんど」主宰・現代俳句協会会員)
サブ講師 佐野典比古(「詩あきんど」会員)
開講日 第2水曜 10:00~12:00
受講料 2,500円 (月1回・3ヶ月前納・税込)
会場 湘南アカデミア4階
持ち物  
その他 テキスト 『型で俳句を』(1,600円・税別)
タイトルとURLをコピーしました