新 仏像の魅力を探る 日本のみほとけ✕東アジアの仏像

新 仏像の魅力を探る 日本のみほとけ✕東アジアの仏像<第6期>

日本で親しまれているみほとけを、東アジアの仏教世界の中で比較すると、よく似た像があったり、同じ像名でも形が違ったりすることがあります。本講座では日本の著名な仏像を取り上げて、韓国・中国等の作例と比較しながら、アジアにおける仏像の普遍性や多様性に思いをはせてみたいと思います。

■講座日程
6月23日(水) 浄土寺阿弥陀如来及び両脇侍立像~来迎礼賛~
7月28日(水) 新薬師寺十二神将立像~東方浄土を護る神々~
8月25日(水) 東大寺弥勒如来坐像~大地に触れる祈り~
9月22日(水) 観世音寺毘沙門天立像~支えられし北方の守護神~

講師名 内藤 浩之(元鎌倉国宝館副館長)
開講日 原則第4水曜日
10時30分~12時00分
受講料 11,000円 (全4回 資料代別・税込)
※途中から受講できます。
会場 湘南アカデミア7階
持ち物  
その他  
タイトルとURLをコピーしました