教養教室

教養教室

原田先生が語る意外な事実 ものの名前 ~地名編~

当たり前のように使ってる土地の名前。しかし、その由来や存在が意外である事実が多くあります。例えば、藤沢北部にある「松葉」という地名が そこが城跡である可能性とか、「鎌倉」が全国的に少なくないことはご存知ですか?

地名の持つダイナミックなミステリーをご一緒に探りましょう。

①10/4 世界の面白い地名

②11/1 人名と会社などの名前

③12/6 乗り物の名前


講師   原田禎介(文化研究家)
開講日  第1火曜 10:30~12:00 ①10/4 ②11/1 ③12/6
教室   7F教室

楽しいエッセイ

エッセイのテーマは、日常にあふれています。大切なことは、あなたの視点で眺め、心に浮かんだことをまとめること。経験者も、初めてという方も大歓迎。それぞれのレベルに合わせて指導いたします。
講師   福家康宣(元 朝日新聞記者)
開講日  第2・4月曜
     13時30分~16時00分
教室   4F教室

脳トレシリーズ おとなの朗読レッスン
~癒しのことば遊び~

お口の体操やこころのストレッチをしてみませんか。
やさしい教材を使って心に響く美しい「ことば」を五感でたっぷり
味わってみましょう。

講師   阿部ひろみ(朗読を山内雅人(声優、放送表現教育センター創立者)に師事。里見京子(声優)、小林裕(演出家)、越村公一(俳優)らの指 導を仰ぐ。)
開講日  第2水曜
     10時00分~12時00分
教室   7F教室

英語で楽しむ『徒然草』と『方丈記』

随筆の古典の最高峰ともいえる『徒然草』にはまだまだ取り上げたい章段がありますが、今後は『徒然草』と並ぶ名随筆『方丈記』(英訳はやはりドナルド・キーンさん)にも触れていきたいと思います。          体験の方はテキストをお持ちでなくても参加して頂けます。


講師   山田 光義 (元横浜国立大学教授)
開講日  第1火曜 13時30分~15時00分
教室   7F教室

中国史講座 「中国4000年の歴史」

これからの日本の歩むべき道、来るべき世界の姿を考えるためにも、この中国をより深く理解する必要があります。
当講座ではその手がかりの一つとして、≪中国4000年の歴史≫を神話伝説の時代から、皆様と共にじっくりと学んで行きたいと思います。

講師   田中柚美子(元國學院大學講師)
開講日  第2・第4金曜日 10時00分~12時00分
教室   4F教室

歌人が読む「古今和歌集」恋の歌の世界

平安時代の初めに成立した『古今和歌集』はそののち長い間読み継がれ、日本人のものの見方感じ方に大きな影響を与えました。四季の歌とともに、その中心となる「恋歌」がくり広げる世界を見ていきましょう。


講師   津金 規雄 (鎌倉歌壇幹事・短歌誌「コスモス」選者)
開講日  第2木曜 13時30分~15時00分
教室   7F教室

音楽講座「オペラの楽しみ方」

多くのオペラ・ファンにお楽しみいただけるように、
毎回ポピュラーな作品を取り上げております。
講師   川口 博(レディオ湘南 元パーソナリティ)
開講日  原則第1水曜 10時30分~12時00分
教室   7F教室

新 仏像の魅力を探る 日本のみほとけ✕東アジアの仏像

日本の著名な仏像を取り上げて、韓国・中国等の作例と比較しながら、アジアにおける仏像の普遍性や多様性に思いをはせてみたいと思います。
講師   内藤 浩之(元鎌倉国宝館副館長)
開講日  原則第4水曜日 10時30分~12時00分
教室   7F教室

吾妻鏡を読む〈第38期〉「鎌倉政権の実力を試される『頼朝』」

 文治3年の秋もまた京都周辺は荒れていた。文官中原親能・大江広元では手に負えなかった。武士千葉常胤・下河辺行平を派遣し、後白河院の懐刀吉田経房と頻繁に連絡を取る頼朝。奥州の藤原秀衡と義経の動きも台風の目であった。頼朝の西国と北国への新たな対応を考えていきます。


講師   伊藤 一美(NPO法人 鎌倉考古学研究所理事)
開講日  原則第1・3月曜 13時00分~14時30分
教室   7F教室

ドイツ・オーストリア史 ~陽気で気ままな旅をして歴史を知ろう~

百聞は一見に如かず。写真や映像でドイツ・オーストリアの史跡巡りの旅を楽しみながら、皆さんと一緒に歴史の跡を探って行きましょう。


講師   西澤 英男 (ヨーロッパ史研究家)
開講日  原則第2火曜 13時30分~15時00分
教室   7F教室

鎌倉人物史講座
時代を駆け抜けてきた人たち

流人頼朝を世に出した八田知家、御家人のための政権目指した安達一族、北条氏文化を称名寺に伝えた金沢貞顕。この3人の鎌倉武士にその生き方を語ってもらいます。鎌倉時代の真実がよく見えてきます。
講師   伊藤 一美(NPO法人 鎌倉考古学研究所理事)
開講日  第3金曜 10時30分~12時00分
教室   7F教室

クラシック音楽を楽しむひととき

毎回一人の作曲家にスポットを当て、音楽を鑑賞しながら
エピソードや貴重なお話をいたします。
講師   末松 茂敏(フェリス女学院大学講師
     横浜雙葉中学高等学校講師)
開講日  第3水曜 10時30分~12時00分
教室   7F教室

『日本書紀』を楽しむ ~ヤマトタケル編~3期

『日本書紀』は非常に難解な書物に見え、現在では専門家が簡明にした注釈書に拠って読まれています。しかし、その「簡明にする」過程で端折ってしまう箇所が多くあります。
この講座では、そうした省略されがちな箇所に注目してみましょう。今期は古代の英雄「ヤマトタケル」に注目し、「楽しく」読み解いていきましょう。
講師   山田純(相模女子大学教授)
開講日  第4日曜 13時30分~15時00分
教室   4F教室

万葉集を楽しむ~読んで、見て、聴いて、体感する楽しい万葉集の世界~

万葉集は、本当に読むと楽しい歌集です。
1回に一巻ずつ、読みながら、古代の人々の愛・食・生活や世界観、何より歌の魅力を、体感し楽しく、理解していきます。どの回から受講しても楽しめます。


講師   塩沢一平(二松學舎大学 文学部 国文学科教授)
開講日  第2日曜 13時30分~15時00分
教室   7F教室

カタカムナ解読

ZOOMでの参加も可(お申込みされた方は、翌月の第1週の土曜から 講座前日までの期間動画ページにて再視聴ができます)。
講師   二上 貴夫(俳人・カタカムナ研究家)
開講日  原則第3土曜 13時00分~15時00分
教室   7F教室

小泉八雲歩く鎌倉江の島

3回にわたって、八雲が歩いた横浜、鎌倉、江の島をめぐる作品鑑賞の旅を行います。幸い。八雲は「鎌倉・江ノ島詣で」や「東洋の第一日目」という地元を描いた紀行文を5篇ほど残しています。まず、その作品を拙訳で楽しみ、講座修了後、八雲が巡った鎌倉・江の島を実際にご一緒にバスツアーで回ってみたいと思います。


講師   池田 雅之(早稲田大学名誉教授)
開講日  原則第3火曜 13時30分~15時00分
教室   7F教室

世界史講座 激動と心揺さぶる第一次世界大戦
木原 健次郎先生

第一次世界大戦中に起きた大事件、それにまつわる手に汗握るドラマや感動のドラマを、エピソード中心に語る世界史シリーズです。
講師   木原 健次郎 (湘南日独協会 副会長)
開講日  第3日曜 10時30分~12時00分
教室   7F教室

〈戦後〉の自画像 ─ 巨匠たちのたたかい 第二期
「松本清張・丹下健三・岡本太郎・小津安二郎」

戦後の日本で発表された文芸、映像、美術、建築などのマスターピース(名作)をとりあげて、その作家の歩んだ道と〈戦後〉という時代のかかわりを探ります。作家が作品に託したものはなにか、日本の敗戦から戦後の復興へ向かう時代にどう向き合ったのかを、作品やその映像、テクストを見ながら考えたいと思います。

①9/15 松本清張(作家)と『砂の器』
②10/20 丹下健三(建築家)と岡本太郎(美術家)万博と五輪〈対決〉 
③11/17 小津安二郎(映画監督)と『東京物語』


講師   柴崎信三(ジャーナリスト・元日本経済新聞論説委員)
開講日  第3木曜 13時30分~15時00分
教室   7F教室

タイトルとURLをコピーしました