吾妻鏡を読む

吾妻鏡を読む〈第34期〉
「頼朝・為政者とはこうあるべきか」

伊藤 一美先生

頼朝政権は、そろそろ、その姿を明確にしていきます。
「内憂(内)患」をなんとか収めつつも、家人らの動きは予断は許さない状況でした。寺社貴族から土地の不法占拠、乱暴狼藉、はたまた九州での不穏な動き。厳しい時期こそ「為政者」の力がわかるのです。

■講座予定
第1回  8月16日(月)
第2回  9月20日(月)
第3回 10月 4日(月)
第4回 10月18日(月)
第5回 11月 1日(月)
第6回 11月15日(月)

講師名 伊藤 一美(NPO法人 鎌倉考古学研究所理事)
開講日 原則第1・3月曜
13時00分~14時30分
受講料 13,200円(6回・資料代別・税込 )
会場 湘南アカデミア7階
持ち物  
その他  
タイトルとURLをコピーしました