吾妻鏡を読む

吾妻鏡を読む〈第39期〉

伊藤 一美先生

 平泉・藤原秀衡入道が死去する。匿われていた源義経一行の動きも慌ただしくなっていく。一方、鎌倉の御家人たちの対立も持ち上がる。侍所所司・梶原景時による有力御家人への批判的通報も続く。さらに、朝廷及び、公家層の所領問題が頼朝の下に次々ともたらされる。「公権力」を行使する「東国権力」=頼朝の方策を具体的に考えることが当期の課題である。

■講座予定
第1回  1月16日(月)
第2回  1月30日(月)
第3回  2月 6日(月)
第4回  2月20日(月)
第5回  3月 6日(月)
第6回  3月20日(月)

講師名 伊藤 一美(NPO法人 鎌倉考古学研究所理事)
開講日 原則第1・3月曜
13時00分~14時30分
受講料 13,200円(6回・資料代別・税込 )
会場 湘南アカデミア7階
持ち物  
その他  
タイトルとURLをコピーしました