英語で楽しむ『徒然草』と『方丈記』Ⅲ

英語で楽しむ『徒然草』 と『方丈記』

山田 光義 先生

日本三大随筆の中の二つ、徒然草と方丈記をドナルド・キーンさんの英訳で味読しています。徒然草は多岐に亘る内容からなる244段にじっくりと取り組んでいますが、なかなか奥が深く、まだまだ楽しむ余地が沢山残っています。鴨長明の作った方丈庵は組み立て式で可動式、池澤夏樹が個人編集した日本文学全集で方丈記の現代語訳を担当した高橋源一郎は方丈記を翻訳すればモバイルハウスダイアリーズだと言っています。方丈記には夏目漱石の英訳もあり、キーンさんの英訳と対照して観賞しています。ご参加をお待ちしています。

■講座日程
⑤6/4 ⑥7/2
※5月はお休みです。

講師名 山田 光義 (元横浜国立大学教授)
開講日 第1火曜 13:15〜14:45
受講料

1回 3,850円(税込)
3ヶ月分 11,550円(税込)

「徒然草」テキストはTUTTLE PUBLISHINGの
“Essays in Idleness :The Tsurezuregusa of Kenko”
Translated by Donald Keeneです。
事前に書店で購入の上、ご参加ください。『方丈記』テキストはプリントを配布します。

会場 フジサワ名店ビル7階 Aホール
※フジサワ名店ビル6・7階へは有隣堂の2階からエレベーターをご利用ください
持ち物  
その他  
タイトルとURLをコピーしました