英語で楽しむ『徒然草』

英語で楽しむ『徒然草』Ⅵ

山田 光義 先生

加藤周一は『日本文学史序説』の中で『徒然草』を次のように紹介しています。
『徒然草』は、「心にうつりゆくよしなしごと」を書きつけたものだが、兼好の「心にうつりゆく」事は実に多様で、それを同時に一冊の小著に要約した例は『徒然草』以前になく、おそらく以後にも稀であろう。
『徒然草』の多様さを『徒然草』に傾倒したドナルド・キーンさんの英訳でご一緒に楽しみませんか?

■講座日程
 2月1日(火) 3月1日(火)  4月5日(火)
 6月7日(火) 7月5日(火)  8月2日(火)

講師名 山田 光義 (元横浜国立大学教授)
開講日 第1火曜
13時30分~15時00分
受講料 19,800円
(6回・教材費別・税込)
テキストはTUTTLE PUBLISHINGの
“Essays Idleness The Tsurezuregusa of Kenko”
Translated by Donald Keeneです。
会場 湘南アカデミア7階
持ち物 テキストを事前に書店でご購入の上、ご参加ください。
その他  
タイトルとURLをコピーしました