アイデア園芸 よりぬき沿線新聞

アイデア園芸 『3株の寄せ植え』

アウトテリア民園 井田洋介

「寄せ植え」といえば、一つの器に多くの植物を植えるものと思いがちですが、3株くらいを寄せるとバランスがとりやすく、シンプルな中にもセンスが光るハーモニーが生まれます。

生け花の基本形「三角形」を意識するとまとめやすいので、3株の寄せ植えにも応用しましょう。

写真①

写真①は、これから暑くなる季節に涼しさを呼ぶ寄せ植え。縦に線状に伸びたスティパが風にそよぎ、足元の白いインパチェンスが涼やかに花びらを揺らします。右奥はペルシカリア。石製のガーデンテーブルに置いた周辺にはさわやかな風が吹いているよう。

また、少ない株の寄せ植えは、置く場所を考えてからつくりましょう。多くの株を寄せた鉢と違い、草花ばかりでなく背景や鉢の色も含めた広い範囲の調和が生まれます。

写真②

写真②は、パンジーの花色とドドネア(中央の赤茶色)の葉の色、エリカ(赤色)も同系色に整え、さらに鉢の色にも統一感を持たせています。橙色のパンジーをポイントにして、全体的に落ち着きのあるコーディネートになっています。

写真③

寄せ植えをテーブルに置く場合には、ある程度の高さが必要ですが、写真③のように、敷いた小石の上に置いて、全体を丸くするまとめ方もあります。中央にブラキカム、右側に小さくまとまっているのがラミューム、左側に丸くボリュームがあるのがスイートアリッサムです。

3株の寄せ植えは、気軽にできて、鉢や景色で印象が変わり、味わいも多様です。

暑さに向かって、お庭の木陰などで涼みながら3株の寄せ植えで楽しんでみませんか。

【今月の園芸作業】
バラやボタン、シャクナゲなど花木類の剪定の時期です。バラは咲き終わった花をこまめに摘み取り、新しく伸びた部分の茎を切りましょう。また根元にワラを敷いてあげると、乾きや日光の照り返しを防いで病気から守ることができます。

【お知らせ】
〈梅雨明けまでもう少し〉
もう少しで梅雨明けですね。明けたら暑い夏がやってきますが、暑さに強い草花や涼しげな植物等が入荷しはじめております。お気軽にご来店ください。

■アウトテリア民園
定休日、水曜、木曜日
営業時間 10時~16時
☎0466‐26‐1061

-アイデア園芸, よりぬき沿線新聞