おでかけ

大磯のお庭が大公開!『大磯オープンガーデン2022』

青空に新緑が映える季節となってきた今日この頃、大磯の個人宅・お店のお庭を一般公開する「大磯オープンガーデン」が今年も開催されます。

この記事では、そもそもオープンガーデンとはどんなイベントなのか?&4月の大磯オープンガーデンの様子をご紹介します。

オープンガーデンとは?

オープンガーデンとは個人の庭を一般公開するイベントで、1920年代に英国で始まりました。
日本でも近年はさまざまな市町村でオープンガーデンが行われており、大磯オープンガーデンは2006年から毎年4・5月に行われています。2022年は89の個人宅・お店が参加しています!

公開される庭は3種類あり、それぞれ入れる場所や、公開時間などが異なります。

・オープンガーデン
お庭を公開します。各お庭のルールに従ってください。門が閉まっている時は入れません。オーナーがお庭に出ていないときは、お庭だけご覧ください。ドアホンは押さないこと。

・ストリートガーデン
道路からお庭を観賞してください。お庭には入れません。

・店さきガーデン
お花やグリーンを飾ったお店です。お店の営業時間内にご利用ください。

参加しているお宅・お店は看板が飾られているのが目印です。

この看板が目印!

4月の大磯オープンガーデンレポート

4月22日、金曜日。オープンガーデン初日の大磯駅にやってきました!

駅に着いたらまずは、大磯町観光案内所でオープンガーデンのパンフレットを入手すると良いでしょう。駅前は特に「店さきガーデン」が多いです。

パンフレット81番のミートハウスささや(店さきガーデン)

パンフレット142番のLee's Bread(店さきガーデン)

続いてはJRの線路をくぐった先にある「小磯エリア」。こちらは住宅街となっていて、オープンガーデン・ストリートガーデンがまとまっています。

パンフレット13番のお庭(オープンガーデン)

今年の大磯オープンガーデンのパンフレット表紙になっているお庭。

パンフレット6番のお庭(ストリートガーデン)

オープンガーデンの中には、お茶を楽しめる場所もいくつかあります!今回は大磯珈琲庵さんでひと休み。

パンフレット71番の大磯珈琲庵(オープンガーデン)

テラス席で頂くアイスコーヒーは格別でした!!

大磯オープンガーデンは徒歩でも十分楽しめますが、駅から離れたエリアはバス・タクシー・レンタサイクル(観光案内所でレンタル可能)の利用がおすすめです。

大磯オープンガーデンを楽しむためのルール

オープンガーデンの魅力といえば、自由にお庭を見られることですが、継続していくために決められたルールがいくつかあります。

大磯オープンガーデンのルールとマナー(パンフレットより)

ルールを守って、大磯オープンガーデンを楽しみましょう♪

アイデア園芸の井田洋介先生と歩く会も開催!

江ノ電沿線新聞でアイデア園芸を連載中の、ガーデンデザイナー井田洋介先生の解説を聞きながらオープンガーデンを楽しめる、大磯オープンガーデンを歩く会を今年も開催します!

日程は5/13(金)。コースは午前コース・午後コース・ランチ付き1日コースの3種類から選べます。詳細はコチラからぜひご確認ください!

1日コースは茶屋町cafeのランチ付き!

 

イベント詳細

大磯オープンガーデン2022

開催日時

4月22(金)/ 23(土)/ 24(日)

5月13(金)/ 14(土)/ 15(日)

10:00~16:00(お店の場合は営業時間内)

場所

大磯町内各所

お問い合わせ

おおいそオープンガーデン運営委員会 (大倉)
TEL. 0463-61-0871 FAX. 0463-61-3897

大磯オープンガーデンHP

 

-おでかけ